140919_ECkeito

手編み愛好家たちの間で大人気の毛糸店が、東京・日本橋馬喰町にあります。その名もズバリ「Keito(ケイト)」。
日本ヴォーグ社の直営店で、バイヤーが世界中から買い付けた上質な毛糸だけを厳選。可愛い雑貨店のような内装もチャーミングで、ニット初心者からベテランまで大満足のラインナップが人気のひみつ。ここを訪れたことで編み物にハマった!という方もたくさん居るそうです。バイヤーの三根さん、店長の渡辺さんにお話を伺いました!

140919_keito_1

◆どうして、毛糸の専門店を開こうと思ったのですか?
いろんな毛糸に触れて、手芸の楽しさや魅力を直に感じられる場所を作りたかったんです。昔は、街の商店街に一軒は手芸店があり、編み物を日ごろから楽しむ人が多かったのですが、今は既製品が充実したことで手編み愛好家も減ってしまいました。そんな中、特に若い世代の人たちが手芸に親しみ、サポートできる場所を、というのがきっかけですね。

140919_keito_2

140919_keito_3

◆日本橋馬喰町にオープンとは、立地選びが渋いですね(笑)
この場所だからこそオープンした、と言っていいほど、立地にはこだわりました。最初は、ターミナル駅近くや商業地域での立地も検討したのですが、人の出入りが激しい立地ではゆっくり毛糸を触ったりする雰囲気が作れません。馬喰町はアクセスは少々悪いかもしれませんが、目的を持ってここにわざわざ訪れる方に対して細やかなアドバイスやサポートができる場所にしたかったので、この街を選びました。

140919_keito_4◆内装が本当に素敵です。お店に入った瞬間にときめいちゃいました!
内装に使っているニットは、全部スタッフが編んだんですよ。9月21日で二周年を迎えるので、今はくつ下を「2」の形に見立てたりと「2」のモチーフをテーマにしたアイテムをたくさんディスプレイしています。
内装は季節ごとに変わります。細々としたアイテムもスタッフが日々編んでいるので、お店の隠れアイテムを見つけるのも楽しいですよ。(笑)

140919_keito_5

編み編みしているのは店長の渡辺さん

◆まるで、お気に入りの作品だけを集めたお部屋のようです。
店内には、自宅のリビングのようにくつろげるソファーエリアや、少人数のワークショップができるスペースもあります。商品をゆっくり選べることはもちろん、手芸本を読みながら作りたい作品のイメージを膨らませたり、編み方のサポートができるような場所にしたかったので、空間づくりにはこだわりました。

140919_keito_6

黒板にはワークショップの予定が

◆買い付けのポイントを教えてください。
「Keito」で揃える商品のうち、80%が他のお店では手に入らないものです。欧米各国や南アフリカなど、各地のショーや情報からできるだけ珍しいバリエーションを揃えるようにしていますね。

◆お客さんは、どんな方が多いですか?
若い方はもちろん、ニットに熟練した年配の方もたくさんいらっしゃいます。ニット作家さんが作る1点モノの服やバッグ、小物なども販売しているので、「編み物はできないけれど手編みの作品にはあこがれる!」という人も通ってくださいます。140919_keito_21◆おすすめの毛糸を教えてください!
定番で人気なのは、イギリスの「Colinette(コリネット)」という毛糸。200レシピものカラーバリエーションが特長で、職人が1キロずつ染め上げたカセごとに、毛糸の個性が楽しめます。
また、これからの季節におすすめなのは、コアなファンの多い「くつした編み」用のソックヤーン。特に、イタリア、ラナガットというブランドの「SOCKS」は、ビビッドな色合いと編みやすさが定評で、オープン当初から人気がありますね。その他、この秋の新商品はフランス、プラッサーの「ランドランド」ドイツ、レギアの「デザインライン」など。
その他にもおすすめがたくさんありすぎて、一度では説明しきれないほどです!140919_keito_22◆9月21日で、二周年を迎えたそうですね。
二周年記念イベントとして、9月21日、23日に記念ワークショップ「Keitoスタンプで作るオリジナルバッグ」を開催しています。Keitoのショップカードやステッカーなどでおなじみのお道具ロゴのスタンプをぺたぺたと押して、世界でひとつだけのバッグを作るんですよ。スタンプを押すだけなので、「手芸は初めて」という方でも楽しめます。作ったバッグに刺繍を施したり、チャームを付けたりするのもおもしろそう。自由な発想で気軽に手づくりを楽しみながら、手芸に触れてもらえたらうれしいですね。

140919_keito_10140919_keito_24

————手づくりの温かみがぎゅっと詰まったお店はとっても居心地がよく、「もうココに住みたい!」と思うセンスのよさ(笑)。お店に入った瞬間から作りたい欲求が刺激され、すっかり話し込んでしまいました。そしてお店を出る時にはしっかり毛糸を買っていたスタッフです。
(聞き手:田中あずさ)

【糸の専門店「Keito」ホームページはこちら】http://www.keito-shop.com/
人気すぎて予約がとれないことも!「Keito」のワークショップ情報はこちら★http://www.keito-shop.com/workshop/

Pocket
LINEで送る

まだ会員登録されていない方へ
ステッチステッチはみんなでつくる手芸のポータルサイトです。会員になって手芸の「つくる」アイデアを広げましょう!
20140812_matome04
ステッチステッチ注目の手芸記事
「懐かしい〜!」熱中していた人集まれ!大高輝美先生のフェルトマスコット