高橋恵美子先生

手の空いた時間に、少しずつちくちくと縫い進めることができる「手ぬい」が、改めて注目されています。この「手ぬいブーム」の中心にいるのが、高橋恵美子先生。高橋先生のここ数年の活躍はすさまじく、昨年は新刊を4冊発行、再販本は15冊にもなり、今年も新刊の予定が続々と決まっているとのこと。高橋先生のキャリアや、手ぬいへの想いをお聞きしました!

-高橋先生が手ぬいに取り組むようになったキッカケは?
私は文化服装学園で洋裁を学びましたので、最初はミシンを使って服作りをしていました。ですが、赤ちゃんが産まれて、赤ちゃんがミシンの音でお昼寝からおきてしまうので、手ぬいでいろいろなものを作り始めたのです。最初はお母さん視点で赤ちゃんの服や小物を手ぬいで作っていたら、すぐに出版の話が来ました。

-赤ちゃんの本は大評判だったそうですね。
出版社に未だかつてないくらい読者カードが来て、同じ赤ちゃんを持つお母さんから「こんな本を待っていた!」と、とてもうれしい反応がありました。お母さんとしては自分の子どもの服や小物を作りたいけどミシンが…と悩んでいたんですね。次々と、袋ものや園児向けの手ぬいの本を出すことが決まったんですよ。

-高橋先生が最初はミシンに取り組んでいたのは意外でした。
私は決してミシンを否定しているわけではありません。ミシンは便利ですし、大きなものを作る時は速いですからね。ですが、簡単なものを作るのであれば手ぬいで十分なことも多いですし、手ぬいはちょっとした時間でも進められます。最初から意識していたわけではありませんが、エコロジーな手芸ですし、今の時代に合っているのかもしれません。

-確かに「手ぬい」は、時代のニーズに合っていると思います。最近の高橋先生の出版ペースはすごいですから。
これまで約80冊の本を出版させていただきました。昨年は新刊4冊、再販15冊。今年はすでに新刊を3冊出版して、秋冬に向けても何冊か決まっています。

-この人気の理由はどこにあるのでしょう?
先ほどもお話ししたように、ちょっとした空き時間に進められますから、忙しい人が多い時代には合っているのかもしれません。また、誰にでも簡単に作れることを心がけているので、「やってみよう」と思われる方が多いのではないでしょうか。

-先生の本は、どの本もとてもわかりやすいです!
私の本は、工程を飛ばさないことを心がけています。ですから、例えばワンピースの襟ぐりの説明だけで6〜7枚のイラストを使ったり、今縫っているところを赤色で表示したり、工夫しているんですよ。また、言葉の使い方にも気を使っていて、「この方法ではなく」と否定しながら比較したり、「この縫い方をすると縮みます」と注意するような言い回しはしていません。「こうするとダメなんだ」と失敗を恐れると、なかなか「作ってみよう」と気軽に考えることができなくなりますから。あれこれと注文をつけるので、編集者泣かせかもしれませんけど(笑)。ですが、途中まで作ってそのまま「やりかけ」で終わってしまうほど、残念なことはありません。やはり、自分で作ったものを着るからこそ楽しいのです。ですから、途中でつまずくことのないように本を作っています。

-先生の提案されている「一枚裁ちの服」は、布を切る時点で挫折しそうな初心者の救世主ですよね!
スタッフの若いパタンナーの子に驚かれましたけど(笑)。「この布ステキ!明日にでも着たい!」と思った時に、すぐに取りかかれるパターンを目指しました。ステキな布を見つけた時のハッピーな気持ちのままで作って、着てほしいと思っています。

-作り方や本だけでなく、オリジナルブランド「Emico collection」の布や糸をプロデュースされていますね。
布を作ったのは、スタッフが腱鞘炎になったのがキッカケなんですよ。可愛らしさや服のトーンに合う「見た目」で布を選んで手ぬいで作っていたら、布が固くて手首を痛めてしまったのです。原因を探ると、加工のやり方によって布が柔らかくなることがわかったので、手ぬいに合った布を作りました。糸や針も、手ぬいに最適なアイテムを探していたら、結局は自分でプロデュースしてしまいました(笑)

-大活躍の高橋先生ですが、今後の展望を教えてください。
「手ぬい普及協会」を主宰していまして、手ぬいの普及と教室に力を入れています。長い時間とお金のかかる制度にはしたくなかったので、私の教室は2年通えば先生になれる仕組みにしました。また、手ぬいの楽しさを広め、情報交換をする「手ぬいクラブ」も運営していますので、興味がある方はぜひお問い合わせください。「一枚裁ち」を提案したように、仕事をすればするほどアイデアが出て、パターンも進化していきます。教室やクラブ、出版を通して新しい手ぬい、新しい考え方を発表していきますので、楽しみにしていてくださいね。

今回、高橋先生のサイン入り「一枚裁ちでつくるかんたん手ぬいの大人服」を一名様にプレゼントいたします。

btn_present_entry応募にはステッチステッチへの会員登録が必要です。

how_to_entry応募資格:
期間中にステッチステッチサイトからご応募された方

応募期間:
2014年6月9日(月)〜6月30日(土)23:59

注意事項:
上記の応募期間中に退会された方は対象外となります。
当選者に発表は、商品の発送をもって代えさせていただきます。

Pocket
LINEで送る

まだ会員登録されていない方へ
ステッチステッチはみんなでつくる手芸のポータルサイトです。会員になって手芸の「つくる」アイデアを広げましょう!
20140812_matome04
ステッチステッチ注目の手芸記事
「懐かしい〜!」熱中していた人集まれ!大高輝美先生のフェルトマスコット